学問と就職、大学の存在意義とか

久しぶりに、思うところがあったので何か書いてみようと思います。 今読んでる本がこれです。 若者と労働 「入社」の仕組みから解きほぐす (中公新書ラクレ)作者: 濱口桂一郎出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2013/08/10メディア: 新書この商品を含むブログ (17件) を見る この本の第3章「『入社』のため…