読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うれい's ろぐ ~うれろぐ~

日々是成長。頑張って生きたい。

自分の生き方とかこれから

近頃、何故かは知りませんが自分の生き方というか、自分と向き合う機会が多くなったので、ちょっとだけ振り返ろうと思います。

響け!ユーフォニアムをみて

響け!ユーフォニアムというアニメを最近一気に見ました。2015年に放送開始、2016年冬には2期も放送されています。私は2期から見始めたのですが、あまりにも面白くてついこの間1期を全部見てしまいました。
ざっくりと言うと主人公の黄前久美子が北宇治高校吹奏楽部に入って全国大会を目指す物語です。

このアニメで、僕がとても好きなシーンがあります。それは主人公の友人の1人、高坂麗奈が夏祭り、久美子の前で私の在り方を告白するシーンです。

私、興味の無い人とは無理に「仲良くなろう」と思わない。
誰かと同じで安心するなんて馬鹿げてる。
当たり前に出来上がってる人の流れに抵抗したいの。
全部は難しいけど・・・そういうの分かるでしょ?
そういう、意味不明な気持ち。


私、特別になりたいの。
他の奴らと、同じになりたくない。
だから私は、トランペットをやってる・・・特別になるために。


もっと練習して、もっと上手くなれば、もっと特別になれる。
自分は「特別だ」と思ってるだけの奴じゃない・・・本物の特別になる。

確固たる自分像を内に秘めていて、そうなろうと努力する麗奈、かっこいいと思います。

これから「正義」の話をしよう

冬休み中に、マイケル・サンデル先生のベストセラー、「これから『正義』の話をしよう」を読みました。
この本では功利主義、カント等様々な哲学における正義の捉え方を主軸に現代における正義をどう捉えるかを分析しています。

これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

自分の中に確固たる行動基準が無いので、この本を読み終わってちょっとだけ考えて見ようと思いました。

自分の中の「正義」

ホントはこういうこと考える必要ある?って今でも思っています。自分がどう動くかなんて自分にしかわからないし、他人に伝えたところで何も変わんないと思うんですよね。

でも、この部分をはっきりさせないと、人から何か言われそうで怖いなあっても思います。ぶっちゃけて言うと、「何も考えてないんじゃない?」って思われるのが怖い自分がいるんですね。
なのでこの際はっきりさせてしまおうと、そういう魂胆なわけです。

今までのことを振り返ってみると、将来のことなんか何も考えてなくて、ていうか明日のことすら何も考えて無くて、今の自分が楽しければ本当にそれでいいっていう哲学が自分の中にありました。
多分、今も変わらず。
今も昔もわからないので、多分これからは自分がいいと思うことをしようと思います。今の自分が一番、がモットーです。

こうして考えると自分は利己的な功利主義人間なのかもしれない…

なんていうかこういう記事は自分らしくないので次からはもっと僕っぽい記事を書こうと思います。

終わり。