読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うれい's ろぐ ~うれろぐ~

日々是成長。頑張って生きたい。

『四月は君の嘘』を読み返す

代替テキスト

四月は君の嘘、実写映画化したみたいですね『君の名は。』見る前の予告で知りました。映画化した記念に漫画をさくっと全館読み返してみたのでふらふらっと思ったことをまとめてみます。

短編集『四月は君の嘘 coda』も発売されてアニメ化の後失った勢いをまた取り戻したりしてるのではないでしょうか。

四月は君の嘘』は全11巻+短編集のコミックです。母親を失った天才ピアニスト、有馬公正の成長を描いた青春群青ストーリー。

読んでて思ったのはどの人物もちゃんとキャラがたってることですね。特に主人公有馬のライバル、井川絵美と相座武士は個人的に好きなキャラでもあります。有馬の最初の演奏に魅入られた井川と楽譜をさらった完璧な演奏に惹かれた相座。その対比なんかもくっきりしててよかったです。井川の演奏におけるあの感じも昔の有馬を意識してるんですかね。

あとは心情描写がとんでもなくうまいと思いました。悲しさもうれしさも、小さな気持ちの動きさえも手に取るように伝わってきます。特に演奏中の描写は圧巻です。

作中で井川の先生である落合は、悲しみさえも糧にして成長するなら有馬の通る道は鬼の通る道だと言っていました。そしてだからこそ彼は表現者なのだとも言っています。彼は落合先生の言った通り母親の死を、そして最後には宮園との別れも乗り越え演奏を成功させました。最後のあのシーンでやはり彼は表現者だったのだと強く印象付けられました。

アニメは途中までしか見てないんですがどうだったんでしょう。OPのグースハウスの曲が良かったのは覚えています。映画はお金に余裕があったら見に行きたいです。